石田衣良

「池袋ウエストゲートパーク」の原作者である石田衣良(いしだいら)は、東京都出身の小説家です。本名は石平庄一。ペンネームの由来は本名の「石平(いしだいら)」を分割したものです。代表作には「4TEEN」「下北サンデーズ」「アキハバラ@DEEP」などがあります。

少年の心を忘れない中年の皆様へ

経歴

1960年3月28日生まれ。東京都江戸川区出身。姉が二人います。子供の頃から大変な読書家で、中学、高校、大学時代には、近所の3つの図書館から毎週4冊ずつ本を借りて読み、それでも足りなくて、文庫本を購入していたそうです。15歳の頃、ハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリに熱中し、次々と読破しました。特に、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだったと語っています。東京都立両国高等学校では、詩人の小林昌代と同級生でした。1978年、成蹊大学経済学部に入学し、1983年に卒業しました。大学卒業後はフリーター生活を送っていましたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターになりました。36歳になり、7歳の頃からの夢だった小説家になることを決意し、数々の新人賞に応募します。1997年、それまで応募したことのなかったミステリーの賞に応募したところ、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞します。そのデビュー作が「池袋ウエストゲートパーク」でした。以後「4TEEN フォーティーン」で第129回直木賞を、2006年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞を受賞しました。同年には映画「LOVE MY LIFE」に出演を果たしています。時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、「うつくしい子ども」は神戸連続児童殺傷事件が、「約束」は大阪教育大学付属池田小学校児童殺傷事件が、「ブルータワー」はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっています。2013年8月には、雷田四位(らいだしい)というペンネームを使って初の電子書籍限定書き下ろしライトノベル作品「SAKASHIMA ―東島進駐官養成高校の決闘」を書籍投稿サイト「E★エブリスタ」で9月11日から半年間連載することを発表しました。

受賞歴・

著書

小説

池袋ウエストゲートパークシリーズ

シリーズ外

パンクの道を極める

エッセイ・その他

パンクなあなたへ
春から冬にかけて、季節行事を多数盛り込み、感受性豊かな時期を経験豊富な時間にしてあげたい、それを強く願っております。 当園では高津区保育園 年間行事にも気を配り、楽しかったと思える思い出造りにも力を入れております。