宮藤官九郎

映画「少年メリケンサック」で監督・脚本を務めた宮藤官九郎は、脚本家・俳優・作詞家・作曲家・放送作家・映画監督・演出家・ミュージシャンと幅広い分野で活躍している人物です。宮城県出身で、劇団大人計画に所属しています。最近では大ヒットした朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当したことで注目を集めました。

少年の心を忘れない中年の皆様へ

略歴

1970年7月19日生まれ。本名、宮藤俊一郎。宮城県栗原市出身。文具店を経営する両親のもとに生まれます。幼少期から文才を発揮し、作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞しました。「ビートたけしのオールナイトニッポン」のヘビーリスナーで、同番組で放送作家兼たけしのトークの相方役を務めた高田文夫の構成力や演出に感銘を受けました。宮城県築館高等学校卒業後は、高田の母校でもある日本大学藝術学部放送学科に進学しますが、一身上の都合で中退しています。中退した理由の一つには、友人がほとんどおらず、つまらなかったからだと語っています、しかし、親に学費を出してもらいながら大学を中退したことを悔やんでいるとも語っています。その後、松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属します。バラエティ番組の構成作家としての活動を始め、大人計画の部分公演の作・演出をつとめるようになり、1996年から自身の公演を「ウーマンリブ」と名付けています。24歳のときに、振付師の八反田リコと結婚。1995年には阿部サダヲ(破壊)、村杉蝉之介(バイト君)と共にグループ魂を結成しました。担当は暴動です。2005年には同グループの「君にジュースを買ってあげる」で第56回NHK紅白歌合戦に出場しています。「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」などテレビドラマの脚本家として有名ですが、その幅広い活動が評価され、2003年には第41回ゴールデン・アロー賞特別賞を受賞しています。2005年にはしりあがり寿の漫画の映画化「真夜中の弥次さん喜多さん」で映画監督デビューを果たしました。同年には第一子となる長女も生まれています。中学時代は河合その子と斉藤由貴のファンでした。2006年には、斉藤由貴を主演に起用した「吾輩は主婦である」で、はじめて昼ドラマの脚本を手掛けています。また、同年にはアニメ映画「鉄コン筋クリート」に声優として参加。舞台挨拶では「自分の声が嫌いである」と語りました、2013年上期の連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当し、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞作品賞・脚本賞や2013年新語・流行語大賞のほか、複数の賞を受賞し話題となりました。

脚本作品

映画

テレビドラマ

舞台

ウーマンリブシリーズ

大人計画本公演

外部公演

監督作品

映画

テレビ

出演作品

オリジナルビデオ

映画

テレビドラマ

1995年「ヘルプ!」

ラジオ

パンクの道を極める

著書

パンクなあなたへ