木村祐一

映画「少年メリケンサック」で佐藤浩市の弟役を好演した木村祐一は、お笑いタレント、放送作家、俳優、コラムニスト、料理愛好家など様々な分野で活躍している人物です。京都府京都市左京区出身で、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しています。愛称は「キム兄」「キム兄やん」「キム」などです。

少年の心を忘れない中年の皆様へ

人物

1963年2月9日生まれ。NSC5期生と同期扱いなため、ダウンタウン、今田耕司、ほんこん、板尾創路など年齢が下の先輩が多いのが特徴です。ホテルマン、高利貸し、絵画商法の販売人、染物職人を経て、中学時代の同級生だった栩野進と共に、お笑いコンビ「オールディーズ」を結成します。順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、栩野が当時14歳の女子中学生と淫行に及ぶ不祥事を起こし逮捕されました。これにより、栩野は吉本との専属芸能家契約を解除され、同時にコンビも解消となり、木村はピン芸人の道を進むこととなりました。その後、交流のあったダウンタウンらを慕って上京し、1991年12月にスタートした「ダウンタウンのごっつええ感じ」で構成作家としてデビューしました。1994年には、活動拠点を完全に東京へと移します。2001年には、板尾創路と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場し、準々決勝まで勝ち進みました。また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられました。この「ざっぱ」は現在も定期的に下北沢で開催されています。近年は役者としても活動し、映画「ゆれる」での検察官役が北野武に評価され、彼が審査委員長を務める東スポ映画大賞、第16回の新人賞に選ばれました。2008年には映画監督にも挑戦し、実際に起きた事件を題材にした「ニセ札」を製作しました。また、同年6月6日、自身初の飲食店「屋台居酒屋 きむら庵」を愛知県名古屋市中区栄の「サンシャイン栄」にオープンしました。なお、同じフロアにはたむらけんじの「炭火焼肉たむら」も同日オープンしています。自身の芸能活動の傍らMSC東京校の講師も務めており、エド・はるみの才能を見抜いたことでも有名です。

結婚

結婚して子供を授かっていましたが、2005年に離婚しています。同時にこれが自身2度目の離婚であることも明かされました。2006年1月9日には「ダウンタウンDX」で出会ったタレントの辺見えみりと婚約。同日、合同記者会見を行い、3度目の入籍を報告しました。辺見のことをテレビなどでは「えみりちゃん」、家では「えみちゃん」と呼んでいました。「ダウンタウンDX」などの番組では夫婦共演もしていましたが、2006年に木村の浮気騒動が報じられます。辺見はその報道に対し当初は全く相手にしていないと話していましたが、2008年4月25日に離婚。約2年間の結婚生活に終止符を打ちました。自身3度目の離婚でした。さらに2012年5月9日、女優の西方凌と自身4度目の入籍をしたことを発表します。西方との馴れ初めは、映画「ニセ札」の監督と女優としての出会いだったそうです。公開直後の2009年4月に交際が発覚しており、同時期に西方は木村と同じ吉本興業所属となっていました。木村の大ファンだった西方から熱烈なアプローチをして交際が始まったこと、西方から何度もプロポーズされたことなどを番組内で語っています。

出演

ドラマ

パンクの道を極める

映画

パンクなあなたへ