西方凌

木村祐一の4番目の妻である西方凌は、タレント・女優として活動している人物です。本名は木村敦子(旧姓:西方)。日本テレビ系恋愛トーク番組「恋のから騒ぎ」の第9期生として2002年~2003年の全ての回に出演し、「左官屋」の愛称で親しまれました。2004年よりタレントとして活動を開始し、CMやPVなどを中心に出演しています。2009年4月公開の映画「ニセ札」で映画デビューを果たし、同作の監督である木村祐一との交際が発覚。2012年5月に3年の交際期間を経て入籍しました。

少年の心を忘れない中年の皆様へ
初めての方でも安心社会人サークル 大阪の「Smile life」!!同胞の大阪人とくっつけば、きっとおじいちゃんも納得してくれるはず。

略歴

1980年8月27日生まれ。愛知県出身。短大卒業後、何か人と違う職業に就きたいと思い、女親方を目指して左官職人になります。2002年に「恋のから騒ぎ」のオーディションに合格し、同年4月から9期生として番組に出演し始めます。左官職人として地元愛知県木曽川で働きながら、2003年3月までの全ての回に出演し、「左官屋」の愛称と男前な話口調が相まって人気を集めました。同期にはキャスターの小林麻央がいます。2003年に「恋のから騒ぎ」9期生を卒業した後、東京の事務所に所属するため同年10月に上京し、プラチナムプロダクションに所属します。2004年からは主にCM・PV・雑誌などでモデル・タレントとして活動を始めました。2007年よりモデル事務所デュアリズム・マネージメントに所属。2008年に木村祐一の初監督作品「ニセ札」のオーディションを受け、島本みさ子役を射止め、映画デビューを果たしました。2011年4月には木村と同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍します。2012年5月8日、予てから交際していた木村祐一と入籍。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー本社の中庭で披露宴と記者会見を行いました。

人物

三人姉妹の次女です。バイクの免許を持っており、車やバイクの運転が特技だそうです。デビュー前に左官職人をしていたことから、現在でも知人に頼まれて左官作業を引き受けることがあるとのこと。他にも料理が得意で、自身のブログでもよくレシピや作り方のムービーをあげるなどしています。趣味はツーリング・スノーボード・料理など。絵を描くことや洋服のリメイクをするなど、手先の細かい作業が得意で、ROOTOOTE Charity Eventに参加したり、知人の飲食店の名刺をデザインしたり、自身の結婚披露宴時に来客に配ったTシャツのデザインなどもしています。「西方凌」という芸名は、「ニセ札」の公開前に「厳しい世界で凌ぎを削って女優人生を切り開いてほしい」という思いを込めて木村祐一が付けたものでした。トーク番組などで明かされた「幸せにしようなんて思わなくていい。私が幸せにしてあげる」と自らプロポーズしたというエピソードが男らしいとネットなどで話題になりました。

出演

バラエティ

ドラマ

CM

PV

パンクの道を極める

映画

その他

舞台

書籍

パンクなあなたへ