向井秀徳

向井秀徳(むかいしゅうとく、本名:ひでのり)は、日本のミュージシャンです。映画「少年メリケンサック」で音楽を担当し、ほとんどの劇中歌を作曲しています。ロックバンド、ナンバーガールの元ボーカル兼ギタリストで、現在はZAZEN BOYSのフロントマンを務めています。2010年からはさらにLEO今井とKIMONOSを結成しました。日本のロックシーンの第一線に立ち続け、無数のフォロワーを増やし続けています。

少年の心を忘れない中年の皆様へ

来歴

1973年に佐賀県北茂安町に生まれ、幼少時を大阪府高槻市で過ごしました。小学校低学年の頃、8歳離れた兄からプリンスを無理矢理聴かされ、その影響で洋楽に興味を持つようになります。中学生になりギター演奏を始め、最初にコピーしようと思ったのがレッド・ツェッペリンの「アキレス最後の戦い」だったのですが、難易度が高かったためにコピーを断念し、作曲を始めました。佐賀県立鳥栖高等学校卒業後、映画監督になるために日本大学芸術学部を受験しますが不合格となってしまいます。その後、ライブハウスのPAや久留米市の外人バーでバーテンとして働き、1995年に中尾憲太郎らとナンバーガールを結成します。向井は、ボーカルとギターを担当しました。2002年にナンバーガールは解散し、その後「無戒秀徳アコースティック&エレクトリック」名義でソロ活動を開始、またロックバンド「ZAZEN BOYS」を結成し、ボーカル・ギター・キーボードを担当しています。2007年には自身のスタジオであるMATSURI STUDIOにて、Scoobie Doのレコーディングにエンジニアとして参加しました。2010年にはSuiseiNoboAzのファーストアルバムにおいて、レコーディング・ミックス・プロデュースを担当するなど、幅広い分野で活躍しています。

人物

嗜好

酒豪であり、ライブ中にはよくビールを飲んでいます。好きな焼酎の銘柄は、大分麦焼酎二階堂、宮崎本店キンミヤ焼酎だそうです。また、ラーメンをはじめとする麺類を好んでいます。公式HP上に記されるところでは、一時期は麺をほぼ主食としていました。かつて行っていた連載「向井秀徳の妄想処方箋」では、提案されるシュチュエーションにあった音盤の紹介と共に、毎回なんらかの麺類も紹介されていました。近年は自作のラーメンを研究中です。また、Scoobie Doのレコーディングで彼らをMATSURI STUDIOに招きいれた際は、毎回のように鍋を振る舞いもてなしたそうです。完成したラーメンは「MATSURIラーメン」と称し、商品化も企画しています。店舗でメニューとして扱ってくれる、あるいはカップラーメン化などその形態は問わず、スポンサーになってくれる企業を募集しています。

使用楽器・奏法

長くフェンダー社の「テレキャスター」を愛用していますが、汗で音が出なくなるなどの理由で、何本も買い換えています。本人は「ギターというものは弾き手次第でどれでも同じ、なおかつ消耗品である」という考えを持っており、壊れたら捨ててしまうのだそうです。スタインバーガーのギターやローランドのアナログシンセサイザーJONO-106も使用しています。また長渕剛のファンで、20数万円の長渕モデルのアコースティックギターを購入したと語っています。ごく一部の楽曲やデモではAKAIのサンプラーMPC2000等による打ち込みを行うこともあります。最終的な楽曲のアウトプットはバンドサウンドであることにこだわりを持っていますが、MATSURI STUDIOでのレコーディングや練習時にはハードディスクレコーダーを使用することもあります。奏法においては「オレ押さえ」という独自のギター奏法を考案し使用しています。平行7度、および1、2弦の開放弦を利用していることや、人差し指をあまり使わない点が特徴です。他に、単語や語尾を繰り返し発音し、ボーカルの残響音を口で表現する「人力ディレイ」という技もあります。

パンクの道を極める

MATSURI STUDIO

三味線を購入し自宅で演奏していた際に、隣の家から苦情が来たため、自宅とは別に音楽拠点を設けることを決意します。ナンバーガール解散後に自らのスタジオ「MATSURI STUDIO」を設立し、同名のレーベルからZAZEN BOYSの音源を発表しました。スタジオの二階には大家さんが住んでいるため、夜八時以降の音出しは基本的にできません。向井個人やZAZEN BOYSの作品製作、練習などを行う活動拠点としての役割のほかに、昨今では前述したようにScoobie DoやLEO今井、セドロなどの作品のレコーディングも行われています。QuickJapanのインタビューでは、「MATSURI STUDIO」は当初「BIKKURI STUDIO」という名称だったのですが、向井本人が次第にビックリしなくなり「BIKKURI MATSURI STUDIO」と改名。最終的に現在の「MATSURI STUDIO」に至ったと語っています。

別名義での活動

向井本人とは別人という設定で、向畑徳徳、向井徳次郎という名前で登場することがあります。向畑徳徳は、持ち曲一曲を抱えて全国を行商する今話題のシンガー・ソングライターであり、「Podcast向井」などに登場し演奏しています。向井徳次郎は宇宙人と交信ができるという少年の設定と、中州元気(荒川良々)とユニット「九州ギャザー」を結成する「豚小屋経営のシンガー・ソングライター」という設定があります。徳次郎はグループ魂のライブやCDに登場します。

パンクなあなたへ
モデル・キャビンアテンダント等の経験者の為のセカンドステージ!美職で華やかな転身してみませんか?秘書での派遣などで美しく働き続けたいと願う貴女にご希望のお仕事を紹介します!